3年落ちかワンオーナー車の状態がいい

状態が良い車が欲しいのか、とにかく安い車が欲しいのかによって、中古車の選び方は大きく異なります。比較的新品に近い状態の車が欲しい場合、新古車や3年落ち、あるいはワンオーナーと呼ばれる車を求めたほうがいいでしょう。3年落ちというのは、以前のオーナーが3年程度で手放した新車に近い状態の車です。ワンオーナー車は以前乗ったオーナーが1人だけの車を指します。オーナーの手入れの状態によって異なりますが、頻繁に手入れをしている人であれば車の状態がいいため、新車に近い状態といえるでしょう。ただし、ワンオーナー車は3年落ちよりも長い年数乗っている可能性もあるため、手入れをあまりしていないオーナーの車だった場合3年落ちよりも状態が悪いことも考えられます。ワンオーナー車だからと飛びつかず、中の状態をよく確認してから買いましょう。

7年落ちは安い車を求める人向け

とにかく安い車を手に入れたい場合には、7年落ち以降の車を選んだほうがいいでしょう。7年落ちといわれているのは、7年ほど使用されていた中古車のことを指します。ワンオーナー車の可能性もありますが、別のオーナーの手に渡った経験のある車の可能性も高いです。7年落ちと呼ばれる理由は、7年ほど使用したけれど、車検時にこれ以上この車にまとまったお金をかけたくないから手放すため、7年落ちといわれています。1年で1万キロメートルほど走っている車であれば、定期的にメンテナンスして乗られていた可能性の高い車であるため、安心して使用できるでしょう。しかし、7年落ちなのにそれより走行距離が短い場合、メンテナンスされていない可能性が高いため、選ぶ前に慎重な判断が必要です。

スウェーデンの自動車メーカーで生産された年代に関わらず、デザイン的にも定評があるのが、ボルボの中古車です